FC2ブログ
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

かずぽんた

Author:かずぽんた
Welcome to ☆New☆Every Wagon Home Base☆【Super Fortress EVERYN】☆

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

49

念願のラダー取り付け






昨日の休みにとうとう念願のラダーの取り付けを行いました!

前回、ちちさんにミラーの取り付けをおこなってもらった際に穴あけ工事に対しての恐怖は無くなり、自らエブリィ君に穴あけ工事をしました。

きのうは天気も良く朝から取り掛かりました。

まずは場所を決め以前に購入していたM4サイズでポジションを決め、早速ドリルでガリガリっと!
仮止めのためまずは一箇所をあけ、次から次へと開けていき、合計で16っ箇所。

画像にも有りますが、したの部分の下4箇所は直裏にナットを止めることが出来るので問題なかったのですが、下の上4箇所は裏側のボードをまず外してからナット入れとなりました。
これがまた手の入らないところで悪戦苦闘! なんとかペンチやわずかなスペースに手先を入れ何とか仮止め。

さて、ここからが本題なのです。
上の8箇所なんですが、表側と裏側の厚みが5cmあるのです。しかもその間は空間です。 穴を開けたは良いが、まずボルトを通すのが一苦労。反対側に開けたはずの穴が見当たりません!? なんと2時間ほどかけてやっと全穴にボルトを通しました。 そして仮止め。

一応取り付けが出来たので一休憩。 すると… 上の上側のボルトが…
ちょうどドアのパッキンにあたるではないですか!! 中から見てみるとパッキンがボルトにより押され、外と中が繋がっている!そうなんです、直に外が見えるんです! これでは雨が入り放題。 なんどもボルトの要らない部分はサンダーでカットしたのですが、さすがにパッキンだけあって、少しの異物も許してくれません。
こうなったら、上の4本のボルトは撤去するしかありません。
取り合えずそれを撤去して、今度は全ボルトの本止め。 ここでさらに問題発覚!

先ほども言いましたが、下の8本は表と裏が直です、いた一枚で止めることが出来ます。 しかし、上の4本(4本は撤去済みのため)は間が空間なのです。
ラチェットを使い、締めるは締めるは、いつまでも~♪ なんで!?
そうなんです、言葉で表すのは難しいのですが、間が空間のため、いつまでも締め続けるんです!
そのため、表(外側が)が凹み始めたのです!!
画像では確認しにくいかと思いますが、上の部分若干陥没しているのです。
しかもこのまままだまだぼるとは締めれるんです。 そう…表と裏が引っ付くまで、恐らく空間がなくなるまで締まり続けるでしょう。
(ここは本日考えた所、一端ナットを瞬間接着剤で固定し、さらにロックナットで止めようか。もしくは、裏側のほうを切除してその空間を無くしがっちり止めるか(これだと板一枚なので強度が不安)逆にラダーが引っ張られた際に外に陥没してしまうかも)
とりあえずはラダーとは言えど、実際に登るのが目的ではなく、ゴミトンやサイクルキャリア目的なので金属用接着剤で固定しさらにロックナットがいいかなぁと考えております。これなら走っている間にラダーが緩んで落ちる心配はないと思います。

作業は終わり、コーキングを流し込み、ボルトは錆びないようにタッチアップペンでぬりぬりし完成です。最後の画像のテーピングはコーキング剤をぬりぬりした直後です。

今までのDIYの中で一番大変であったが、一番やりがいのあったものであったような気がします。
ゴミトン探さなきゃ! あとは自作サイクルキャリアの考案。
!!2段ベッドの残りの板もはめて延長ベッドに作り変えなきゃ!!
いっぱいやることありますねぇ~♪ でもこれが自作の楽しみ、醍醐味ですねぇ!
がんばろうっと!

それでは皆さままた後ほど…
See You Later!

スポンサーサイト
  • Date : 2009-05-15 (Fri)
  • Category : 未分類
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。